カテゴリ:
タッチタイピングの練習をしていたら、かなり疲れました。
キーボードが壊れないか、とても心配です。



……まだ、ブログはタッチタイピングで書けなそう。
遅すぎて。
まだまだ実用的ではないですね。 






















練習に使っているサイトは「e-typing」というサイトです。
有名なので、ご存知の方も多いかも。

ここの「腕試しレベルチェック」を、ひたすらやっています。
気づいたら30分以上やっていることも、しばしば。




















最近、スコア170を超えました。

少しググると、スコア400を軽く超える方々が出てくるイカれた界隈の中、170なんて、正直ザコ中のザコに過ぎませんが、4月、全くブラインドタッチができない時に叩き出したスコア50未満に比べたら、なかなか進歩したのではないでしょうか。



でも、「ちょっとやったら400超えちまったぜーwww」みたいなツイートが、サイト横のツイート欄に出てくるのを見たら、なんか、やるせない気持ちになってしまいますね……。

ガチガチのホームポジション+慣れないタッチタイピングで打っているので、どうしても遅くなるのは仕方ないとは言え。
まあ、いつも、文章書くときにやっているような「半タッチタイピング+親指・人差し指・中指の3本指打法」でやっても、400なんて、とてもいけそうにありませんが……。
ミスも多いし。























目標はスコア300。
これだけ取れれば、一般人の中では、相当早いようです。


ただ、この目標を達成するには、現状、打つ速度が遅すぎる。
スコア300というのは、「1文字も打ち間違えないで、wpm(1分あたりの単語数)が300」の時に取れるスコアのようです。


現在、wpmは200。
ミス覚悟で打って、やっと200に到達したレベルです。
先は厳しい。






















しかも、wpm300というのは、あくまでノーミス時の話。
でも、ノーミスなんて、絶対に不可能!

それを踏まえたら、スコア300を取るための条件は「正確率96%で、wpm350」となりそうです。
ああ、きつい……。
 





















とりあえず、スピードが課題のようなので、「寿司打」というゲームも使い、スピードを鍛えることにしました。
でも、まだ、一番簡単なレベルでも、何十回とやって、やっとギリギリクリアできるレベル。
本当にきっつい……。





















調べれば調べるほど、タイピングの世界には、ある種の闇が立ち込めているように感じます。
上には上が一杯いる。
限度が無い。

仮に頂点を取っても、大金を稼げるわけでもないし。








だから、私は、「一般人の中では速いスピードでタッチタイピングできるレベルでいいや」と思いながら鍛えています。

にもかかわらず、この難しさ。
ピアノをやっていた人は、もう少し、簡単に習得できるのだろうか。





















とにかく、まずは、スコア300だ。
300取れたら、一刻も早く退散します。
もうタイピングはやらない。

こんなヤバい界隈にいられるか!
なんだよスコア400って。
バケモンかよ。

どんな職に就いてんだ?








はあ、タイピング早くなりたい。
今の速さだと、頭の中のアイデアに追いつかないんだよなぁ……。
これだと、打ってる間に忘れちゃうよ。





















一般人の中では速いレベルのタッチタイピングと、代表的なショートカットキーさえ身に着ければ、小説執筆はじめ、日常業務には差し支えない気がする。





 人気ブログランキングへ