アーカイブ

2014年08月

カテゴリ:
本やら何やらを入れ過ぎて、カバンがめちゃくちゃ重い……。

7kgはありそう。
あまりの重さに左手首を痛めたっぽい。





早く帰りたいけど、これからバイトだ……。


人気ブログランキングへ

カテゴリ:
定期券を更新する日は、いつもいつもイライラさせられます。

普段、私は「自分がホームに着いた時に電車が来る」ぐらいのタイミングを狙って、極力無駄な時間を減らすよう移動しているため、定期券の更新のようなイレギュラーなことが入り込むと、一気に計画が総崩れになります。

定期券も予定に組み込んどけば問題ないのですが、いつも忘れてしまうんですよね……。


自分が忘れていたのが悪いんですが、それでも、計画通りにいかないとイライラしてしまいます。














今日は曇っていたせいか、涼しい1日でした。

半袖だと少し肌寒いこともありました。




私はこのぐらいの気温が好きですね。
脇汗も出にくいし。
もう少し涼しくてもいいぐらい。




ただ、電車の冷房が、あまり効いていないのが残念。

っていうか、始発電車に乗ったのですが、なんかクセぇ。














前置きが長くなりましたが、今回は、ただの日記です。

最近、ゼルダ無双関連の記事が多かったですしね。














まず、おととい、2週間ぶりにジムに行ってきました。

間が空いたり、ここ数日ずっとゲームをしていたせいか、かなりきつかった。

メニューはいつもと変わらないのに。



特にきつかったのが締めのランニング3km。

後半、ほぼ無心で走ってました。
きつ過ぎて。

とてもじゃないけど、42.195kmは走れそうにありません。




ただ、このジムの運動で、どうやら腰を痛めてしまったかもしれません。

昨日から左腰が痛い。

クグったら、左腰のみの痛みは内臓が原因の場合もあるようですが、運動の最中、一瞬、腰に違和感があったため、運動が原因な気がします。




筋肉痛は治ってきましたが、まだジムの疲れが残ってます。

ランニングが相当効きました……。















今週は、基本的にバイトして過ごしています。

先週、ゼルダ無双のせいで崩れてしまった生活リズムも、7:30〜8:30起床を3日ほど続けた結果、だいぶ戻ってきました。

朝にバイトがあるため、起きざるを得ないんですよ。







ゼルダ無双については、今週はまだやってません。

飽きたわけではありませんが、残った内容がアドベンチャーモードのSランクやスタルチュラ集めといった、いわゆるやり込み要素であるため、短い時間にパパっとできるものではないんですよね。




やり直しの可能性が非常に高いため、一度始めてしまうと、予想以上に時間を持っていかれる
→その割りに、大して進まない
→フラストレーション


となりそうで、あまり手を出す気になりません。


本当だったら、ラナの召喚の扉などを練習したいんですが、他にやることありますからね。















小説は先が見えない状態が続いています。

本当は、今月に1つ出したかったのですが、ちょっと間に合いそうにありません。





やろうとしていることは「執筆の仕組み化」。

「こう書けば物語が成立する」という箱を作ろうとしています。


そんなことをする前に書けよ、と思われるかもしれませんが、これを作っておくのと作らないのとでは、今後の執筆活動に大きく差が出るのではないかと、私個人は考えています。






ただ、難しいですね。

プロットっぽいのを作ってみても、なんの変哲もない、単調な流れにしかなってなかったりしていて。


私は文章の高尚さでは勝負できないので、「プロット」をいかに魅力的にするかがポイントなのに、そこが上手くいっていない。


おそらく、テーマやターゲットが曖昧なんだと思います。




せめて大学生のうちに、仕組み化については完成させたいところです。













あとは、卒論ですね。

9/1までに、卒論の「目的」や「方法」をまとめたレポートを提出しなきゃならないのに、あまり進んでいません。


ただ、レポートの構成や実験で使う課題については考えてあるので、さほど問題視はしてません。


最悪、土日に簡単なレポートを作って出そうと思います。














目の前の課題を書き出すと、


・バイト
・卒論
・小説
・防災企画
・就活(キャリア)

となりそうです。



たった5つだけなんですが、小説の見通しが立たないため、心は晴れません。


しかも、これらはあくまで最優先事項を並べただけであって、ここに「優先事項ではないが、やりたいこと」であるブログやゲーム、ジムなどを加えると、やることは増えます。

















小説の見通しが立っていれば、相当マシになるんですけどね。


ひとつ終わりが見えないやつがあるだけで、こんなに違うとは……。





創作は自由にできる反面、完成形が明確でないため、底の見えない水の中に落とされたような感覚になります。

どこに進めばいいのかも分からず、ただもがくだけ。







もしレポートだったら、とりあえず向かうべき陸地が見えているイメージです。


しかも、理想のところまでたどり着けなくても、その手前にはいくつも、妥協点という名のチエックポイントがあって、そこに上陸することもできる感じ。








小説だと、周囲に全く陸地が見えていないので、どこに進めばいいか本当に分からない。

自分で方向を決められる楽しさはありますが、その方向に進んだところで、本当に陸地があるという保証はない。


不安になって方向を変えてみても、今まで東に進んでいたところを北に変えたところで陸地があるとは言い切れないため、結局不安は拭えない。









私がやろうとしている仕組み化とは、ここに航路を作ってしまおうというものです。

上手くいかない時でも、この方向に進めば、とりあえず陸にはたどり着けるよ、というような。



もし働きながら書くことになったら、今みたいに、もがく時間もありませんから。
















と言っても、その航路作りで止まっているんですけどね。



人気ブログランキングへ

カテゴリ:
はい。
前回書いた通り、アドベンチャーモードで「大妖精 レベル1」の前にある、ゼルダ指定ステージについて書いていきます。


ちなみに、敵キャラの名前などはうろ覚えです。
ですので、もし作中の表現と異なっていても、ご了承ください(と言っても、おそらく違っていても、言ってることは分かると思います)。

また、特に空飛ぶトカゲの名前は自信ありませんが、ここでは「サラマンダー」と表記しておきます。









まず、ステージについて、簡単に確認。


<クリア条件>
ギラヒムとサラマンダーを倒す 

<敗北条件>
ファイの敗走。
または、味方本拠地の陥落

→ただ、ファイは本拠地から動かないため、実質「味方本拠地の陥落」が敗北条件になります









続いて、敵確認。



敵は、 ギラヒム軍(赤)とサラマンダ―軍(黄;「第3勢力」って名前だったかも)です。
<クリア条件>に書いた倒すべき2体は、これらの軍それぞれの大将になります。


つまり、このステージでやるべきことは「赤と黄それぞれの敵軍の大将を撃破すること」になります。







ちなみに、それぞれの軍の中ボス格以上はこんな感じ。




<ギラヒム軍(赤)>
ギラヒム(大将)
ウィズロ(隊長)
ヴァルガ
※ここまで人型ボス

鉄盾モリブリン→ヴァルガと一緒に2体、ギラヒムと一緒に2体
通常モリブリン→1体?
※他にギブド(伝令兵)もいるが、おそらく関わらないため除外。他に書き忘れた敵がいたとしても、関わることはないと思います


<サラマンダ―軍>
サラマンダ―(大将)
サラマンダ―(隊長)
※2体とも同種です
※他にギブドも出てきますが、ほぼ関わりがないため除外












次に、アドベンチャーモードのSランクについて解説します。

アドベンチャーモードのSランクは「撃破数」「タイム」「被ダメージ(食らったダメージ)」の3点から判定されます。






それぞれの基準は、

撃破数:1200体以上
タイム:15分以内(15分ジャストがセーフかは未確認)
被ダメージ:不明のため、勝手に「ハート4までならセーフ」と判断しました。多少なら、くらってもセーフ

となります。 




中でも、最も難しかったのが「被ダメージ」。
いかにダメージを受けないかが、このステージに限らず、アドベンチャーモードでSを取る秘訣のようです。













本題に入る前に、最後に、クリア時のゼルダのステータスですが、

レベルは37、
武器は細剣レベル1、威力180程度→スキルには「強5強化」を含む
※強5とは、「弱4回→強1回」のコンボのこと。今回、多用します

でした。


タクトより細剣をおすすめします。
ここでの攻略法も細剣を使用したものになっています。


ちなみに、やり直した回数は十数回。
開始当初はレベル22だったゼルダが、クリア時にはレベル37になる程度にはやっていました。

























さて、本題。

攻略順としては、

1.ウィズロ撃破
2.通常モリブリン撃破
3.ヴァルガ撃破
4.鉄盾モリブリン×2撃破
5.サラマンダ―(隊長)撃破
6.ギラヒム撃破
7.鉄盾モリブリン×2撃破
8.サラマンダ―(大将)撃破

となります。



以下に、それぞれ詳しく書いていきます。




















1.ウィズロ撃破



まず、始まったら、他の敵キャラを一切無視して、ウィズロのところへ向かってください。
寄り道せずに行くと、ちょうどミッションが始まった頃に着くと思います。

ちなみに、このミッションは「敵の隊長をどちらか倒せ」というもの。
ここでは、サラマンダ―(隊長)ではなくウィズロの方を倒します(つまり、赤の軍の隊長を倒します)。




ウィズロ登場のムービーが終わったら、ウィズロに注目しつつ、一旦距離を取りましょう。

ここで意識すべきことは「絶対にダメージを受けないこと」です。

後に戦うヴァルガやギラヒムに比べ、ウィズロは動きを見極めやすい敵になります。
ですから、ウィズロに関しては、ノーダメージで倒すことを念頭に置いてください。




そのため、とにかく無理はしないこと。
相手がウィークポイントゲージを出すまで、周りのザコを狩りながら待ちましょう。


ウィズロがウィークポイントゲージを出すのは、

・回転しながら闇玉を出す
・かめはめ波のような技
・毒の沼のようなものを広げ、魚のような化け物を泳がせる

の3つの技の時ですが、狙い目は後2つです。
特に2つ目。3つ目は、そもそもあまりやらないかも。


自信があるなら闇玉時を狙ってもいいですが、かなり回避が難しいので、避けるのが無難です。





また、先程、ザコを狩りながら待つと言いましたが、ウィズロに注目しつつ、一定の距離を保ってウィズロを中心に円を描くように攻撃していくと楽だと思います。

この時、ウィズロの動きに集中してください。
距離が近いと思ったら、回避からのダッシュで距離を取るように。


 あと、使うコンボは強5です。
シメが細剣による突き連打のやつですね。
攻撃バッジの「コキリの剣」で使えるようにしておきましょう。
今後も、ザコは強5で狩っていきます。



 
ウィズロの通常技には、

速くてリーチの長い闇玉飛ばし(正面のみ)や、
動きは遅いが追いかけてくる誘導弾 

もあります。


そのため、チャンスを待っている間も止まらない方がいいでしょう。
特に正面では。

誘導弾については、引きつけた後に弾の来た方向に走れば簡単に避けられると思います。


ウィズロは耐久力はないため、ウィークポイントスマッシュを2~3回当てれば倒せると思います。
弱攻撃をちまちま当てつつ、スマッシュを狙っていきましょう。




<目標>
時間:1~3分
撃破数:100体 




















2. 通常モリブリン撃破

ウィズロ撃破後は近くの崖から飛び降りて、味方本拠地の前に行きましょう。
この時、本拠地の前に、通常モリブリンが1体いると思うので、こいつを倒しておきましょう。
もし複数いても、ここでは1体倒せばいいです。

ヴァルガが来ても、まずはこいつを処理してしまった方がいいでしょう。
ただでさえ、モリブリンには苦しめられるので。






3. ヴァルガ撃破

ヴァルガが鉄盾モリブリン2体とザコを引き連れて、味方本拠地前にやってきます。 
ここでは、まずヴァルガを倒しましょう。


ヴァルガを注目しつつ、視界にはモリブリン2体も入れるようにしてください。
あと、距離を取ってチャンスを待つこと。
ウィズロのように、何が何でもノーダメージでなくてもいいものの、ヴァルガ相手だとコンボなどで一気に持ってかれるので、無理は禁物です。



ヴァルガのチャンスタイムは、

・竜に変身→火の玉→体当たり
・下突き(チャンス時間短い)

の2つです


うち、前者はホーミング性能がついている上に範囲も広いため、ヴァルガが竜に変身したら、全速力で距離を取りましょう。
竜の全身が見えるほど離れた方がよいと思います。
距離さえあれば、たとえホーミングしてきても、こちらに攻撃は届きません。

体当たりで地面に降りそうという段階になったら、急いで距離を詰め、時間差で来る炎の波に気をつけながらヴァルガを攻撃しましょう。 






後者については、こちらの連打をガードした時などに出してきます。
ウィークポイントゲージが出ている時間は短いので、当たればラッキーといったところですかね。 

ただ、相手がなかなか竜攻撃をしてこない場合に、

相手の背後などから弱攻撃連打
→シメの攻撃を出す代わりに回避(最後の攻撃の時に、かわして下突きをやってくることが多い)
→再び攻撃

でウィークポイントスマッシュを狙っていくこともできます。 






ウィズロより固いものの、スマッシュを使えば削っていけます。
無理にごり押すのではなく、ちまちま当てつつスマッシュを狙っていきましょう。

と言いつつも、ウィズロよりは攻撃しに行く積極性が必要になります。


また、炎を吐く通常攻撃はリーチが長いので気をつけましょう。
持っている武器を振り回す攻撃は一度当たると連続ヒットしてしまいますが、避けた後はスキだらけです。
弱を2~3発(あるいは、前述した下突きからのウィークポイントスマッシュや強5)を狙っていきましょう。

ヴァルガと戦闘しながら、周囲のザコを狩っておくことも忘れずに。
鉄盾モリブリンについては、ヴァルガを倒すまで無視でいいです。
うっとうしかったら、ヴァルガもろとも必殺技で吹き飛ばしてしまいましょう。


<2.と3.の目標>
時間:2~3分
撃破数: 200~300体




















 4. 鉄盾モリブリン×2撃破


ヴァルガを倒したら、残った鉄盾モリブリンを処理してしまいましょう。
こいつらも、ごり押しよりスマッシュを活用して倒しましょう。

ちなみに、ヴァルガ戦闘時に必殺技で少し削っておくと楽ですよ。



ちなみに、ターゲットでもないのにヴァルガやモリブリンを倒す理由は、味方本拠地を落とされないためです。
こいつらを放っておくと、あっという間に本拠地が落とされてしまいます。


モリブリンは固いので、ウィークポイントスマッシュで攻撃することが重要になります。
チャンスを逃さないように気をつけましょう。
できればノーダメージ で倒したいところです。



 鉄盾モリブリン2体を撃破後、本拠地前に中ボス格がほぼいないなら、次は南にいるサラマンダ―(隊長)を倒しにいきます。



<目標>
時間:1~2分
撃破数:100~200体






















 5.サラマンダ―(隊長)撃破


ここもノーダメージ狙い。
サラマンダ―(隊長)は味方本拠地から少し離れたところにいるので、しっかり場所は確認しておきましょう。




ここに限らず、移動は最短距離で行くよう意識しましょう。


と言っても、訪れる場所は、

ウィズロの初期位置
味方本拠地 
サラマンダ―(隊長)の位置→ウィズロを倒した時点で初期位置から動かないようです
黄軍の本拠地

のみなので、これらだけ覚えておけば問題ありません。








サラマンダ―ですが、こいつらは非常に固いので要注意。
ウィズロやヴァルガ、ギラヒムの比じゃありません。

前述の鉄盾モリブリンもそうですが、光っている中ボス格は異常に固いので、いかにウィークポイントスマッシュを引き出せるかが本当に鍵になります。







サラマンダ―については、攻撃連打しているとガードされるので、そうしたら一旦離れましょう。
すると、高確率で飛び上がります。





サラマンダ―がウィークポイントゲージを出すのは、

・飛び上がって火を吐いた後
・飛び上がって地面に下突きした後

が基本です。

いずれにせよ、翼を羽ばたかせて飛び上がった後は、ほぼ必ずウィークポイントゲージを出します。






飛んでいる姿が見えたら、軽く間合いをつめましょう。
そして、着地してゲージを出したら、一気に弱攻撃攻め。

細剣の攻撃速度なら、1ターンでスマッシュに持っていけると思います。





あとは、これを繰り返すだけ。
サラマンダ―は本当に固いので、ゲージを出したら、必ずスマッシュに持ち込むぐらいでちょうどいいでしょう。

ただ、ザコを狩るのも忘れずに。
サラマンダ―を注目し、円を描くように移動しながら強5を繰り返すだけで、100~300体は軽く倒せます。

しかも、ウィズロやヴァルガより、サラマンダ―は攻撃が単調なので、もしここまで撃破数が稼げていないなら、ここでがっつり稼いでおきたいところです。




後述の時間を切れるようなら極度に急ぐ必要もありませんが、あんまりチンタラしていると、ギラヒムの部隊が味方本拠地に着いてしまうので気をつけてください。

もっとも、私がやった時、ギラヒムが到着していたことは一度もありませんでした。



<目標>
時間:1~2分
撃破数:200~300体






















<チェック>
次は味方本拠地前でギラヒムと戦うのですが、ギラヒムのもとに着いた時点で、



経過時間:7分以内
撃破数:750~800体以上
被ダメージ:ハート2つ以内



であることが望ましいです。
特に、時間と被ダメ。
撃破数については、最悪、この後の黄軍本拠地でなんとかできます。


今まで、各段階ごとに<目標>を書いてきましたが、<チェック>が達成されているなら、正直あまりこだわる必要はありません。
好きに配分してください。


ただ、今書いた<チェック>については、少し届かない程度ならともかく、明らかに達成できてないならSは厳しいかもしれません。

ここがひとつのチェックポイントになりますね。






















6. ギラヒム撃破
7. 鉄盾モリブリン×2撃破


サラマンダ―(隊長)を倒したら、再び味方本拠地に戻ります。

ここまで順調に進んでいると、味方本拠地に戻った頃、本拠地の西側から、ギラヒムが鉄盾モリブリン2体とザコを引き連れてやってきます。

この段階で、ギラヒムを倒してしまいましょう。 
モリブリンは必殺技で巻き込むとき以外は無視していいです。
ただ、視界に入れて、攻撃に巻き込まれないようにはしておきましょう。

同じタイミングで、黄軍のギブドも来ていると思いますが、こちらも無視でOKです。




ギラヒムは、

・地面ごと空に飛んでいく→急降下
・鼻歌交じりに魔法陣(のようなもの) 

などの後、ゲージを出します。



距離さえ取っていれば、ヴァルガより分かりやすい。
ただ、通常攻撃のコンボに巻き込まれると思った以上にダメージを受けるので、そこは気をつけてください。




戦法としては、

ザコを狩りながら、チャンスをうかがう
ギラヒムの攻撃が当たらない程度に接近する(正面は避ける)
時には、弱攻撃を2~3回当てる→その後、すぐに離れる

などが有効でしょう。




ウィズロよりは固いですがヴァルガよりは柔らかいので、相手の体力次第では、ごり押しでもいけるかもしれません。
周囲のモリブリンなどには十分気をつけましょう。










ギラヒムを倒したら、周りにいる鉄盾モリブリンを片づけましょう。
余裕があれば、ギブドなど、他の中ボス格も一掃しておきたいところです。


ただ、ギラヒムを倒して時点で、経過時間が10分を超えていたら、少し焦った方がいいでしょう。


もし11分を超えているなら、残りの中ボス格は無視するのも手です。
ただ、その場合、最後の敵、サラマンダ―(大将)をいかに早く倒せるかが問題になってきます。
チンタラしてると、ファイがやられるか、味方本拠地を落とされてしまいますからね。





撃破数については、ギラヒムやモリブリンたちを倒した時点で、1000体は超えていてほしいところです。




<目標> 
時間:2~3分
撃破数:200~300体





















8. サラマンダ―(大将)撃破


ギラヒムやモリブリンを倒したら、サラマンダ―軍(黄)の本拠地に行きましょう。
行き方はマップを見て、よく確認しておくように。



本拠地に着いたら、最後の敵サラマンダ―(大将)との対決です。
ノーダメージ狙い。
大将と言っても、実際は5のサラマンダ―(隊長)と同じですので、戦法も同じになります。
大将とか隊長は、あくまで区別に過ぎません。



ただ、5と違うところは、ここが相手の本拠地ということでしょう。
ここはザコを倒しまくっても、砦ボスが出ません。

サラマンダ―(大将)を倒さない限り、制圧はできません。


つまり、無限に敵キャラが出ます。
撃破数を稼ぐには絶好のポイントです!






今までの敵と同じように、ウィークポイントゲージ出現を待ちながら、周囲のザコを倒しまくりましょう。
ただ、ここのサラマンダ―も激固なので、ゲージが出たら、そちら優先で。





撃破数が1200体を超えたら、サラマンダー(大将)に集中して、撃破。

魔力があるなら、ここで魔力開放を使ってごり押すのもありです。
ただ、魔力解放時も、のけぞりはしませんがダメージは受けるので、被ダメには気をつけてください。



<目標>
時間:2~3分
撃破数:200~300体




















以上です。


ゼルダのレベルをもっとあげたり、細剣レベル2以上を使うと、よりスムーズだと思います。


あと、必殺技は気持ち多めに使っても問題ないかと。
ザコを狩っているうちに、ゲージが溜まるので。
使う際は、大ボスと中ボスを、できる限り巻き込みましょう。


バッジで被ダメを減らしたり、必殺技ゲージを増やしておくのもいいですね。


また、最初に書いた通り、ザコへの攻撃は強5多用が一番効率いいと思います。
強4や光の矢などは、範囲は広いものの隙が大きいので。





最後に、ダメージを受けないことを優先するのは大切ですが、逃げてばかりいても時間が経つばかりです。
多少の積極性は、どうしても必要になってきます。

どうしても怖いなら、「必殺技→ザコ狩り」を繰り返すのも手かもしれませんが、多少はこちらから間合いをつめて攻撃する必要があるということは意識しておいてください。
























書いていて、「この記事、どのぐらい需要あるのだろうか」と思ったけど、考えないことにする。
完成まで1~2時間かかったよ……。







 人気ブログランキングへ

カテゴリ:
カテゴリ「ゼルダ無双」追加しました。
ゼルダ無双に限らず、ゲーム関連の記事については、発売後1か月経つまでは【ネタバレ注意】と表記したいと思います。 ※2015/02/28追記:面倒なので、特にこだわらないことにしました

そして、この記事も【ネタバレ注意】のため要注意!
前回の記事よりも激しくネタバレしているため、気になる人は気をつけてください。

それでは、以下からスタート。



















家に来てから1週間後の8/21(木)に全キャラ・全武器解放しました!
ちなみに、最後はザント。 

そこで、これら全てについて、使ってみた感想を書いていきたいと思います。
今回はリンク、インパ、シークについて。




ちなみに、キャラ数は13で、武器数は21みたいです。
前回、キャラ数は15体という噂がどうとか書きましたが、残念ながらガセネタのようです。

でも、 追加コンテンツが配布されることは決定済みなので、追加キャラについても期待できそうですね!



では、感想。




















◎リンク


いわずとしれた主人公。
個人的に、今作最強キャラだと思います。
どの武器も使い勝手がよく、リンク自身のスピードも速いので、爽快感が最高です。





武器は、

片手剣
ロッド
グローブ
大妖精
マスターソード

の5つ。








片手剣はレジェンドモード(ストーリーモード的なやつ)の一番最初に使う武器ですが、めちゃめちゃ使い勝手がよく、初心者にも安心して使える仕様になっています。

個人的に、こういう序盤の武器って、後半になるにつれて使えなくなっていくイメージがありますが、これについては当てはまりませんね。

普通にラスボスにも通用するレベル。







マスターソードは、これの上位互換です。

片手剣に比べ威力も高く、体力がマックスならスカイウォード(ソードビーム)も出せます。
範囲も広いのかな?

作中最強武器、有力候補でしょうね。
私も本気を出すときは(キャラ指定などがなければ)マスターソードを使っています。







ロッドは炎の魔法を使って敵を倒していく武器ですね。

コンボによっては「まほうのつぼ」が出てきたりして、原作ファンが二ヤリとできる場面もあります(そもそも、ロッドという時点でファン二ヤリ要素なんですけどね)。

ただ、私はリンクの武器の中では、あまり好きではありません。
他の武器に比べて、敵を吹き飛ばす爽快感に欠けるというか……。
攻撃範囲が狭い気がするんですよね。
威力も弱いような……。

使い慣れていなかったり、武器のレベルが低いだけかもしれませんが、私にとっては他の武器の方が魅力的です。






ロッドとマスターソードは、レジェンドモードを進めたら出てきます。
マスターソードはストーリー上、必ず手に入りますが、ロッドは2面かどこかの敵砦を制圧する必要があります。
と言っても、ミッションとして指示されていた気がするため、序盤指示通りに進めていたら、取り逃すことはないでしょう。









一方、グローブは範囲が広く、威力もそこそこあるイメージです。

チェーンハンマーを使っているだけあって、背後の敵にも攻撃できるのが実にいい!
必殺技もかっこいいですしね(カメラ視点が変わらないとシュールだけど)。

ちなみに、武器の名前が「銀のグローブ」だったのが嬉しかった。
ゼルダ無双は、ふとしたところに小ネタを挟んできますね。
原作ファンとしては非常に嬉しいです。

この武器はアドベンチャーモードで手に入れられます。







そして、最後は、大妖精。
この武器は、全武器通して、唯一、発売前に情報が出ていなかった武器になります。
一応、ニンテンドウダイレクトの映像には出ていたのですが、まさか武器とは思わなかった。


ちなみに、この武器を出す前に、某掲示板のゼルダ無双スレで「大妖精関連の武器がある」ということは見ていたのですが、まさか大妖精本人が出てくるとは……。
てっきり 「大妖精の剣」かなにかで、必殺技などの時だけ、大妖精が出てくるものだと思っていたら。


リンクは大妖精の指先で浮いているあきビンの中にいます。
あきビンの中に入る人……ムジュラのあの人を思い出しますね。








さて、使ってみた感想ですが、




なにこれ。超強え。 




一応、リンクの武器扱いではありますが、操作するのは思いっきり大妖精。
そのため、他のキャラよりサイズが大きく、まるで巨人を操作しているようです。
カメラも他キャラより背後にあるし。

リンクの中の人がエレンだから、巨人化したのか?



そんな体躯から繰り出される技とあって、攻撃範囲は全武器トップクラス。
しかも、すごいのはそれだけではなく、弱からの強攻撃中、なんと無敵。




繰り出す技も、

リンクと光球ラリー→その球を地面に叩きつけ衝撃波
巨大爆弾の雨を降らせる
周囲の敵を水の渦で集め、最後に下から突き上げ
ナリシャを呼んで、雷攻撃
 
とやりたい放題。


しかも、他キャラの必殺技並みの攻撃範囲。









必殺技ではムジュラの月を落とします。
この必殺技、上手くいけば、敵砦の体力(的なゲージ)を一発で半分減らすこともあります。
もちろん、この技も攻撃範囲が広く、滅多なことがなければ外すことはないでしょう。
パネエ。







欠点は、移動スピードが遅い(巨大だから、他キャラと同じ速さでも遅く見えてるのかも)のと、強攻撃がほぼ途中キャンセル不可なこと、巨大なため敵の攻撃が当たりやすいこと。

そして、攻撃の最中、あはんうふん系の声を垂れ流すため、ある意味、音声テロなところですかね。
私はゲームパッドにイヤホン差して遊んでいるため、幸い、テロにはあっていませんが。




ただ、そのような欠点を持ちつつも、マスターソードに並ぶ、作中最強候補と言えそうです。
とはいえ、威力とスピードの点から、マスターソードに軍配は上がりそうです。










ちなみに、 大妖精レベル1を手に入れるためには、グローブ同様、アドベンチャーモードを進める必要があります。

その中で、絶対に避けられないのがゼルダでSランクを取らなければならないステージ。 
このステージ、実はアドベンチャーモードの中でも、Sを取るのがとても難しいステージとして知られているようです。

幸い、私はなんとか攻略できたので、別記事に攻略法的なものを書いておこうと思います。
(8/25完成


ただ、どうしても無理なら、レベル2を先に取ってしまってもいい気がします。
私はレベル2も取りましたが、こっちの方が簡単かもしれません。
あくまで、このゼルダSランクに比べたら、ですけどね。


ちなみに、ゼルダでSランクを取った時にもらえる武器は「タクト レベル2」です。 





















◎インパ


インパは攻撃の手数が多いイメージです。
何発も相手に攻撃を入れていく感じ。

武器は「太刀」と「薙刀」で、どちらも範囲が広く、ザコを蹴散らす爽快感を結構味わえます。

リンク同様、使いやすいキャラです。
ただ、あまり使わないキャラのため、感想は少しあっさりめです。







まず、太刀です。

水属性の武器ということもあり、コンボのシメが水攻撃であることもよくあります。

攻撃範囲も広く、威力も十分な武器のため、ザコを思う存分蹴散らせます。

ただ、薙刀に比べると、スピードは若干遅いかも。 
でも、気になるほどではありません。


ちなみに、武器の名前は「○刀 ダイゴロン」。
時のオカリナをやった人は分かりますよね?







次に、薙刀について。

こちらも太刀同様、攻撃範囲が広い武器になります。
ただ、威力は太刀に劣るかも。
しかし、攻撃速度については、こちらの方が上な気がします。 


とにかく敵をボコボコにしたい人は、こちらの方がおすすめかも。



ただ、必殺技が太刀に比べ、あまり強くなかった印象です。
範囲は広いので、ザコ一掃には使えますがね。
 



この武器はレジェンドモードのどこかで拾ったんだっけ……。
それとも、アドベンチャーモードだったっけ……。

ちょっと思い出せませんが、なんとなくアドベンチャーモードの序盤で手に入れたような気がします。





















◎シーク

使える武器はハープのみです。


ハープは強ボタンを押せば使えますが、その直前に出していた技の属性によって効果が変わります。
あまり詳しくはないのですが、コンボによって、属性は変わるようですね。
どの属性になるのかは画面左上の音符マークの色で確認できます。



ちなみに、属性ごとに演奏される曲は異なります。
例えば、炎なら「炎のボレロ」です。 
この辺も、なかなかいい演出ですね。





シークの特徴としてはスピードが速いところでしょう。
移動速度や攻撃速度が速く、手数も多いところが魅力です。

個人的には、よく使うキャラの1人です。

ただ、威力に欠けるかも。


インパより威力が少なく、スピードが速い感じですかね。





あと、必殺技の範囲がかなり広い。
自分の周囲がすべて範囲に含まれるので、敵に囲まれている時に使うと、なかなかの爽快感が味わえますよ。
範囲の広さで言えば、大妖精(リンク)の次ぐらいかも。 








シークの正体についてはレジェンドモードを進めたら判明します。
意外な人物ですよ。
一体、誰なんだろーなー(「あ、スマブラで見たやつだ!」とか言わないように)。





















今回はここまで。
欠点を書いた部分もありますが、今回の3人については比較的使いやすいキャラだと思われます。



次回はラナ、ゼルダ、ガノンドロフについて、
次々回はミドナ、アゲハ、ダルニア、ルト、ファイ、ザント、ギラヒムについて、 

それぞれ感想を書きたいと思います。









 人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×