カテゴリ

カテゴリ:就活

カテゴリ:
以前、就活体験記を中途半端に書いていたことを思い出しました。

あれから結構日が空いてしまったし、あの頃のようにシリーズ化して書くモチベーションもなくなっているので、この記事で、一気に書いてしまおうと思います。私の就活について。
※そのため、前に書いた記事は公開停止しました。



ということで、就活体験記。
参考にできそうなら、どうぞ!


 

カテゴリ:
就活してる時、さまざまな宣伝文句を目にしました。





その中で、一番意味不明だったタイプは、

渋谷に近い!

的なやつ。














だから何だ。

















私個人は、別に渋谷に近かろうが新宿に近かろうが、どうでもいい。


百歩譲って、それらに興味があるとしても、まず提示すべきは仕事内容や条件ではないか、と思ってしまいます。











金ェ!
時間ェ!!




これらが私の興味です。













こういう宣伝を全否定するわけではありませんが、まず見せるべきところを見せずに、こういうどうでもいいことばかりを強調している企業は、ちょっと心配になりますね。


ブラック的な意味で。


人気ブログランキングへ

カテゴリ:
正社員求人において、最も難しい条件は「時間」かも。

「何時間働いても構わないので、大金稼ぎたいです」ってのと、「安い給料で構わないので、定時に帰りたいです」だと、後者向けの求人は恐ろしいぐらい無い。




正社員求人においては、「飯のための労働」という考え方は認められていないように感じます。
むしろ、迫害されているようにも感じる。

まるで強迫観念のように、「人生を仕事にかけろ」と思いこませようとしてくる。
個人的に、洗脳じゃないかと思うこともある。


























ただ、私は「人生を仕事にかける」ことに対しては賛成です。

生きていくためには仕事をしなければならない。
そして、仕事は人生の大半の時間を占める。

こういった事実がある以上、やはり、人生をかけて命がけで仕事に取り組んだ方が、得ではあります。



























問題は、ここで言う「仕事」の選択肢が実質、会社員しか与えられていないこと。
本当は他の道もあるのに、そこには目を向けさせようとはしない。
不自然なまでに、その一本道だけ指し示す。


キャリアって、一本道だっけ?
だとすると、キャリア教育って、随分簡単なんですね。



























「飯のため」なんて言うと、「あまり働きたくないだって? 社会をなめるな! ビジネスはそんな気持ちじゃ上手くいかないぞ」みたいに思う社会人も多いかもしれない。





では、長時間働いて、自分の人生の大半を削って会社に貢献すれば、一生安泰なのか?
会社にずっと置いてくれるのか?


こういうことを言ったら、また「甘えるな」とか言い出すんだろ?


そもそも、そこまでして残りたいとは思わないので、あくまで一例ですが。

























早く帰ってダラダラ過ごすつもりはない。
早く帰りたいのは自分の時間を持ちたいからだ。



いつクビになるか、いつ会社がつぶれるか分からない世の中で、少しでも、自分の理想の生活を送るために、自分を鍛える時間が欲しいだけだ。


























自分の時間もなく会社のために働き続けるのは、止まることなく回り続ける滑車の上に乗せられているのと同じな気がします。


他のことを考える余裕もなく、ただただ忙しく毎日を送る。
その中で、自分の人生をかけてもいいと本気で思える何かに出会えたのなら、こんなに良いことはないでしょう。

では、もし何も残らなかったら?
会社のせいだと、のたまうんですか?

きっと誰も相手にしてくれないでしょうね。
傍から見れば、自分のせい以外の何物でもないのだから。























そうなんです。
就活して思ったのは、ここがいやらしい。



世間の風潮とか日本の慣習という、凶悪な一種の脅しが、「新卒で会社員として就職」という道以外を封鎖しているくせに、いざ、その道を選んだら、「自己責任でしょ」と突っぱねる。


いや、「自己責任」って、あんた。
散々、「新卒で就職できないと、おしまいだぞ~」と煽っといて、その言いぐさ。

「買うまで帰りません」と言うから仕方なくガラクタを買ってやったのに、買った後にクレームを入れたら「いや、買うと決めたのはあなたでしょ? 自己責任ですよ」と言ってくるクソ営業マンみたいだ(分かりにくい例え)。




他の道を隠して一本の道しか提示していないくせに、そこを選んだら自己責任ですか。
へぇー。






















まあ、私は自己責任だと思いますけどね。
























私にはやってみたいことがあります。

しかし、上手くいくかは分かりません。
いきなり仕事が取れるようなことでもないので、ある意味、修業期間が必要となります。


けれども、その修業期間にも金は要る。
だから、その金を稼ぐために働こうとしているだけ。

ただ、あくまで修業がメインなので、(今は)そこでの仕事にすべてをかけることはできない。
でも、世の大半の企業は、「たくさん働いて、一生そこに残ってくれるような人材」を探してる。

普通にミスマッチ。



なんとか、こちらの条件(時間)に合う企業を見つけても、だいたい人気の企業だったりするので、あぼーん。
























別に、「有能な私を取らないなんて頭おかしいんじゃないか?」みたいな驕ったことを言うつもりはありません。

それぞれの企業に、それぞれの事情があり、それを考慮した結果、私が落とされたというだけの話。
別に、それを責めるつもりはない。
遊びじゃないのだから。

何とも思わない、何も感じないとは言ってませんけどね(ゲス顔)。






























私が気になるのが、大体どこに行っても、極端に言えば、会社に忠誠を誓うよう求められるところ。




なるべく長時間、
経営者目線で、
効率よく、
コミュニケーションも欠かさずに、
一生、
人生をかけて、
「会社のために」働きなさい。

的な。







でも、働き方って、もっと多種多様な気がするんだけどなぁ。




























実際、他人が作ったものやサービスに対して、あるいは他人が作った会社に対して、まだ働いてもいない段階から、本気で忠誠を誓える人っているのだろうか?

自分の会社でもないのに、人生の大半を、貴重な若い時間の大半を、他人の会社のために進んで費やしたいと思う人はいつのだろうか?


「嫌だなぁ」という気持ちを押し殺して、さほど興味もない会社にへりくだることが利口なのか?
そうして自分を押し殺して入った会社で、馬車馬のように働かされ、自分の時間が奪われていくことに対しても、「仕方ない」の一言ですませるのだろうか?

お金は必要でしょう。
では、時間は要らないのか?



それでいいのだろうか?
私がおかしいのか?



























「働く」って、もっと自由で、自分にとっても他者にとっても生産的なものではないのか?


バリバリ働きたいなら、そうすればいい。
ゆったり働きたいなら、そうすればいい。


ただ、お金に関しては、挙げた成果に対して、適切に与えられるべきだ。
バリバリの方が結果を出しているなら、当然、バリバリがたくさんお金をもらうべきだし、逆もまたしかり。




























ひょっとしたら、資本主義ってのが根本的な原因なのかもしれませんね。
私は反資本主義と言うわけではないので、これを挙げられたら、もうお手上げです。



でも、多種多様な働き方を実現させるのって、意外と難しくないような気もする。
勇気と努力と覚悟、そして自分の人生に対する責任があれば。
 




















泣こうがわめこうが、自分の人生は一度きりで、その責任も自分にある。

ので、自分の好きに生きたいものです。





以上、ケツが青くてしょんべんくさいクソガキの戯言でした。
あまり深く考えないでください。









 人気ブログランキングへ

カテゴリ:
最近受けた、とある企業に落ちました。
正直、筆記テストには手ごたえを感じていたので、予想外。




















「実際は、あんまりできてなかったのか?」などと考えつつ、お祈りメールを見ると、




>提出書類・適正テストをもとに社内にて慎重に検討しました結果

提出書類・適正テスト

提出書類


















あっ……。




















提出書類……履歴書・卒業見込証明書・成績証明書だったのですが、うち履歴書については相当適当に書いてしまいましたね。

筆記テストはともかく、もし履歴書で落とされたとしたら、心当たりがありまくりんぐ。






















ちなみに、どのぐらい適当かと言うと、

・筆跡はクソガキが書いたかのようにグチャグチャ
・中身は簡素で短い
・完成まで20分かからなかったような……





















でも、今までに受けたところは、履歴書は見られていなかった気がするんですよね。
見るとしたらエントリーシート。

いやー、うかつでした。
でも、案外、普通に筆記で落ちたのかもしれませんね。
一応、平均程度の成績は確保してあるので、成績証明書で落ちたというのは考えにくいかと。


写真代200円が無駄になっちまった。






















もう、これは、神が私に働くなと言っているのではないでしょうか?
そうに違いない!

























……すみません。
調子こきました。









 人気ブログランキングへ

このページのトップヘ

見出し画像
×